FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ。。。

しばらくご無沙汰しておりました。

実は先週義父が永眠し、最後のお別れをしてきました。

この数カ月腰や肩が痛み、
神経痛と診断されて治療を受けていたのですが、
お盆に悪化し緊急入院。

そこでも最初はぎっくり腰と言われていたのですが、
何かおかしいということで検査を重ねた結果、
腰と首の骨に転移性の腫瘍が見つかりました。

肺にも癌が見つかり、そこから転移したようです。

進行の速いタイプの癌らしく、
1年はもたないと言われました。

でも1年どころか入院からわずか3週間で
あっというまに逝ってしまいました。


海外赴任中の夫が帰国した時には、
少し朦朧とはしていましたが
久しぶりに父と息子の会話ができました。

でも夫がシンガポールに戻ってすぐに容体は悪化し、
それが最後の会話となりました。
きっと息子に会うまではと
最後の力を振り絞って待っていてくれたのでしょう。

頑固で照れ屋で、
あまり感情を表には出さない義父でしたが、
父親の顔を知らずに育った私にとっては
生まれて初めてお父さんと呼ぶことができた
たったひとりの父でした。

最後の会話で、声を絞り出すように
「ほんまにいい嫁で安心や」
と言って笑ってくれました。

私も「お父さんのこと大好き」
と伝えることができました。

病院のベッドで長い間寝たきりになるのを
一番嫌がっていた義父らしく、
ぎりぎりまで自宅で好きなように生活し、
最後に少しだけ病院のお世話になって旅立ちました。



そして葬儀で不思議なことがありました。

出棺の際、私の左手にあったはずの数珠がないのです。

泣きじゃくってはいたものの、
手に持っていたものを落としたことに気づかないほど
取り乱していたわけではないのに
いつなくなったのか、そこだけまったく記憶がないのです。

斎場でお骨を拾おうとすると、葬儀社の方が
「ああ、ここにありましたよ」と。

義父の脚の辺りに、ほとんど焦げてなくなった私の数珠が。

「信じるかどうかは自由ですが、
なくなった数珠が棺から出てくることが時々あるんです。
これは故人があなたにこれから起こる不幸を
持って行ってくれたんですよ」

そう言われた瞬間、
直感でその通りだと感じ号泣しました。

今私はとても大きな悩みを抱えていて
そのことを義父も知っていました。
だから最後に
「悪いことは持って行ってあげるから、
心配しなくてもいいよ」
という義父からのメッセージのような気がしたのです。

ただ偶然棺の中に落ちただけかもしれない。
自己満足かもしれない。

でも血のつながりはなくても、
確かに義父と私の間には父と娘のような
心の交流があったように思えます。

そしてそんな私に、
父がエールを贈ってくれたのだと。
照れ屋な父らしく、
こっそり持って行ってくれたのでしょう。

ありがとう、おとうさん。
これからも見守っていてね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かこちゃんへ

コメントありがとう!
娘さんのことで忙しいかなと思って連絡してなかったんだけど、いろいろありまして^^;
踏ん張ってるってことは、そちらも相変わらず大変なのかしら(笑)
またゆっくりメールするね。
気にかけてくれてありがとう♪
急に涼しくなってきたから、体調に気をつけてね^^

お疲れ様、そして頑張ってね!

純ちゃんへ

ご無沙汰しています。
ほんとうに大変だったね。お疲れ様です。
誰しも、こういう時が訪れるんですよね・・・私も。
悲しいけれど、乗り越えて生きていかなくちゃ仕方がないんですよね。
何か大きな悩みを抱えているとの記載がありましたが、大丈夫?
今まで、幾つも幾つも乗り越えてきた純ちゃんだから、
きっと今度も頑張れると思います。
頑張ってとしか言えないけれど、頑張ってみようよ!
独りで抱え込まず、時には”助けてー”って叫ぶことも必要かな?!
また、連絡ください。
相変わらず、あのマンションで踏ん張っています。

かず

オリーブsavonさんへ

ありがとう。
ほんとにバタバタと、あっという間の出来事でした。
数珠以外にも不思議なことがいっぱいあったの。
また今度ゆっくり聞いてね。

ご愁傷様です

忙しいのかな、と思っていたけど大変やってんね。
ただ一人のお父さんが逝ってしまって寂しいね。
数珠の出来事、私も信じます。
お父さん、JUNさんの事が、大事で大好きで感謝の気持ちで一杯やったんやと思います。
お父さんが、悪い事をもっていってくれたから、これから好転していければいいね。
JUNさんもお身体大切に。

メロディさんへ

温かいコメントありがとうございます。
コメントをやりとりさせていただくようになったのと、義父のことがほぼ同じ時期というのも何かのご縁かもしれませんね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

No title

JUNさん、こんばんは。
一度は持ち直したお義父様、残念でしたね。
一生懸命看病されて、頑張っていらしたのに。
ご冥福をお祈り申し上げます。
お義父様とも、とっても仲良しだったのですね。
お数珠の不思議なお話、私は信じます。
お悩み、解決できることを祈っています。
どうぞ、くれぐれもご自愛くださいね。
プロフィール

JUN

Author:JUN
JUNのパステル日記へ
ようこそ!大阪で
パステル和(NAGOMI)アートの
インストラクターと、
オリジナルアートの制作・
販売をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。